2005年07月30日

紫タマネギで2皿―『タイ風カレー』と『キムチいための温サラダ』

aloha 603.jpg
↑タイ風カレーと玄米ごはん、はすと長いものらっきょうサラダ、自家製なすのぬか漬け

前回7月28日「四川風麻婆な野菜と豆腐煮こみ」に続いて

可愛い紫たまねぎの料理は続く

『キムチいための温サラダ』

―火を通す野菜類ー
紫たまねぎ、小たまねぎ、
酸っぱくなった自家製キムチ、
セロリ、なす、
トマト
豚バラ肉薄切り少し
(3枚くらい)

あわせる生野菜は レタス、貝割れ、ミョウガ

調味料は

A調味料「おろししょうが、酒、醤油、」
上記のキムチの汁
好みで鷹のつめ。塩と胡椒。


作り方

豚バラ肉はじっくりごま油でいためて油を出し、
キムチを半分いれて炒め

次に野菜類(トマト以外)を炒めて火が通ったら
Aを入れて混ぜ火をいれて
キムチ汁と残りのキムチ、トマトを炒め併せる。

用意した生野菜とざっくり併せて
出来上がり。

aloha 392.jpg


別な日に作った
『タイ風カレー』


野菜は季節のものなら何でも。

今回は
紫たまねぎ、小たまねぎ
じゃがいも、いんげん、
にんじん、きゅうり、パクチョイ(白い青梗菜)
なす、セロリの葉、えのき
青唐辛子


調味料は
香辛料「薄切りしょうが、ターメリック、コリアンダー(粒)」

化学調味料不使用の「サワーヴェジタブルカレー」パウダー
これはタイカレーの『無化学調味料』ものならなんでもOK

ナンプラー、タマリンドペースト、(なければトマトペーストか梅干で代用)
胡椒

作り方は

厚手の鍋(ル・クルーゼ)に
弱火で香辛料類を炒めて香りを出したら
青唐辛子以外の野菜類をじっくりいためてから

カレーパウダーとさらに炒め合わせて
水を入れて煮込む。

↓クリックで。
aloha 601.jpg



煮えたら、
刻んだ青唐辛子を混ぜて火を通し

味を見て
ナンプラー、タマリンドペースト、胡椒で整える。

↓クリックね。これは野菜のみの方

aloha 604.jpg

物足りない人は既成のカレーか醤油などを足してください。

私は家族用に別に炒めてかりっとさせた
豚肉の薄切りを混ぜてあげました。


本日のメニュー

タイ風野菜カレー、↑の画像をクリック

aloha 605.jpg

↑はすと長いものらっきょうサラダ

(塩茹でのはす、長いも、きゅうり、みょうが、らっきょう)
はすはさっと湯がいて岩塩とごま油でしっかり味を入れます。

自家製なすのぬか漬け、冷奴、玄米ご飯さらっとしてから〜いカレーとらっきょうが
東京の蒸し暑さにぴったりです。

まだいただいたちび玉ねぎは
残ってます。

次は何つくろうかな。


posted by あんころりん at 11:14| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

蒸し暑い日は「四川風麻婆な野菜と豆腐煮こみ」

aloha 390.jpg


家族が先日、埼玉の彼の伯母さまのところで
とてもかわいらしい紫タマネギをいただいてきた。

ふつうに食べるのではつまらないので
丸のままか半分くらいに大きく切って料理した。


昨日はいきなり、やたら暑い日(37度?)だったので
思いきり香辛料を効かせて
「四川風麻婆な野菜と豆腐煮こみ」。
野菜は好みで何でも良いです。

aloha 656.jpg

今回も
ある野菜はどんどん入れて

紫たまねぎ、きゅうり、パクチョイ(白い青梗菜、)セロリの葉、、
かぼちゃ、えのき、赤ピーマン、ピーマン、
そして絹ごし豆腐

薄切り肉一枚だけ(4センチ位に切る)好みでなくても多くても可

調味料と香辛料は

千切りしょうが、つぶしたにんにく
四川豆板醤、自家製ティエンジャンユ(または普通のテンメンジャン)
韓国赤唐辛子粉、(刻んで)ドウチー、
こしょう、
紹興酒、酒。
(自家製)ラー油、四花椒油、

そしてもちろん四川花椒
を最後にたっぷり。

大体 四川麻婆豆腐と同じかんじで作る

厚手の鍋(ル・クルーゼ等)にしょうがとにんにくと
肉をじっくりいためて調味料もいためて

野菜も軽く油まわして豆腐の水と水と酒類を入れて
豆腐と煮込む
粉唐辛子を入れて少し煮て味を見て整える

食べるときに自家製ラー油、四花椒油
   そして 四川花椒
もたっぷりかける。

辛いけれど野菜のうまみとさっぱり感であっというまに完食でした

この日のメニューは
梅干とごま、韓国岩海苔、花かつお、のスープ
簡単サラダ(貝割れ、千切りきゅうり、レタス、みょうが、大葉)
↓自家製ぬか漬け(いただいた茄子、きゅうり)
冷奴、納豆、玄米ごはん


aloha 659.jpg

蒸し暑いときは蒸し暑い土地の料理を
地元の季節の野菜といただくのが一番です。




posted by あんころりん at 07:39| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

梅干の作り方その2―土用干しの前に赤梅酢で漬ける

aloha 485.jpg

↑白梅酢と赤しそを合わせて赤梅酢をつくる
台風接近です、
皆さん大丈夫ですか?

梅雨は明けたもの、なかなか晴天が続かず
梅の「三日三晩の土用干し」ができません。

さて実は塩漬け後の「土用干し」ですが
その前にやらなくてはいけない
重要な作業が梅干つくりにはあります。

それは「赤しその梅酢(赤梅酢)つくり」です。

今年はもう今更なんですが来年用に記録しておきます。

塩漬けして1〜2週間ぐらいしたら「赤しそ梅酢」を作って一緒に漬け込みます。

作り方
梅2キロに対して300グラムの赤しその葉、あら塩30グラム(しその10%)、を用意します。
大体赤しそ3束くらいですね。
私は4キロなので倍の量です。

梅を有機無農薬を使ったらぜひ赤しそも同様に
少し高いけれど一年いただく「毒消し」ものですから。

、葉だけを取って水できれいに洗います。
結構土ぼこりなどがついているので良く洗います。

2、ざるにあげて水を切り、
赤しその10%(30グラム)のあら(天)塩を用意します。

aloha 482.jpg

3、

ボウルにしそを入れて三分の一量の塩で洗うようにもみます。
水がでるのよく絞って汁を捨てます。
これを3回繰り返します

aloha 482.jpg



4、絞った赤しそに塩漬けした梅から出た
「白梅酢」を2分の一カップ加えてよくもみ混ぜます。
これで赤梅酢のもとになります。 
↑画像トップ

↓塩もみ後は最終的にこんなにコンパクトな状態になります。
aloha 484.jpg

これを漬けている梅の容器に上からすき間ができないように
かぶせます。

aloha 486.jpg

、再び落し蓋をして赤梅酢に梅が浸かっているかんじにして
蓋をして涼しい暗所に置いて
土用干しのチャンスを待ちます。

私は7月6日に塩漬けして赤梅酢にしたのが18日ごろでしたから、
ちょっと遅めですね。
ではお天気良くなったら次は「土用干し」です。

ではその時に続く。

posted by あんころりん at 17:29| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

カタネベーカリーの『パン・オ・ザルグとリュストゥル』

aloha 491.jpg


カタネベーカリーさんは
『近所の和
菓子屋さんの豆大福 パン屋さんのあんぱん』5月25日号


5月22日号にも紹介していますが、
ほんとに徒歩7分で行ける良いフランスパン屋さんです。

aloha 488.jpg

↑リュストゥル(155円)パン・オ・ザルグ(160円)おやつ用メロンパン(105円)

今朝はここの海草わかめのパン「パン・オ・ザルグ」と粉と塩だけのシンプルな「リュストゥル
の朝食です。
「わかめのパン」なんてここのオリジナルかなと思って調べたら
「プロヴァンス地方」のユニークなパンです。

ヨーロッパで海草食べるなんて意外や意外
やはり南仏の海の方は日本人になじみやすいものがいろいろあるのね。

これがとっても味が深くておいしい。オリーブオイルとよくなじんでます。
臭みもないしでもワカメだから出せる味です。

aloha 489.jpg


「リュストゥル」もお気に入りです。
家族にはいつものグリルドのレッドチェダーチーズにトマト・レタスでサンドウィッチ。

aloha 493.jpg

↑私は自家製の「オレンジピール(作り方)を付けて。

今朝のフルーツは桃とソルダム
カフェオレ、きゅうりの岩塩ごま油、ナチュラルヨーグルト、トマトジュースと。

※カタネの夏季休業は追記にて続きを読む
posted by あんころりん at 11:36| Comment(3) | TrackBack(3) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

『江戸前ガーデニング』と江戸蕎麦のお手本『神田まつや』

aloha 460.jpg

↑江戸蕎麦「神田まつや」の手水鉢。神田須田町はすばらしい商家が五軒ある。

昨年認定をいただいた
「江戸ソバリエ」
の今期の講座後,希望者のみの特別見学会(本当は地元の小学生のためなのに)に参加した。

休日だった「海の日」の朝、
かの「神田まつや」の若主人による、蕎麦の「水回しから蕎麦切り」までの全工程をすべて見せていただける、
という千載一隅のチャンス!

これは何が何でも行かなくちゃ、です。

aloha 464.jpg
ご主人の小高さんは蕎麦打ちの名手として知られている。
こういうお蕎麦がいつも食べたい!


さてご存知ない方のために「神田まつや」さんについて。

明治17年創業、
江戸前の手打ちとちょっと濃いめの下町の味を継承した「納得のいくお値段」の
おいしいお蕎麦の名店。

江戸前の蕎麦では近くの藪蕎麦と並んで神田の双璧と言われてます。

aloha 459.jpg

↑お店のたてものは関東大震災2年後(大正十四年)に建築。
民家では数少ない、東京都の『歴史建造物』に指定されてます

粋で、江戸前の品の良さにあふれた店先は

あごがれの『江戸風の植栽』江戸前ガーデニング↑(です。

aloha 461.jpg

こんな坪庭と玄関前の似合う家に住みたい!
そして「似合う粋な年配の女性」になりたいものです。

かっこ良いなあ。
絽の和服や、たすき掛けでてきぱき働くひと。

江戸蕎麦や朝生(和)菓子に惹かれるのは粋な佇まいを感じるからです。

aloha 431.jpg
↑「神田まつや」の江戸蕎麦最高!おいしくて言うことなし。

江戸の町人文化(文化文政時代)は粋で「品性」があってしかも
歴史上、唯一「市民が完成させた」革新的文化です。
かっこいい〜!

こちらの記事にも「まつや」についての
池波正太郎のエピソードがあるので、興味ある方、ご覧下さい
関口フランスパン本店のパン
メロンパンも良き頃のゆたかさと本物の味
posted by あんころりん at 16:07| Comment(4) | TrackBack(1) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

スイートアリッサムはちび庭のオー・ド・トワレ

aloha 396.jpg
今は わがSWWET SOULガーデンはお花がほとんどありません。
はるに種まきしなかったのです。
そこで頑張っている方たちは・・

毎年必ず庭のどこかに咲いてくれる
スイートアリッサム種を蒔いたり、こぼれダネで増えたり
苗を植えたり。

お庭の軽いオー・ド・トワレとして
とても愛すべき小さな花です。

冬には色のものも咲いてるけれど
やはり
白が元気で香りもすばらしい



aloha 348.jpg


ルドベキア・タカオは本当にありがたい存在です。
毎夏いつも元気で美しい。
posted by あんころりん at 07:40| Comment(5) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

ヒルサイドパントリー代官山の『フィセル』でチーズサンド

aloha 455.jpg

今朝のパンは
「ヒルサイドパントリー代官山」
http://www.hillsideterrace.com/pantry.html
『フィセル』。

家族用にはレッドチェダーチーズとグリル。レタスとトマトを挟んでます。
私は岩塩のみ。パンを味わいたいので。

こちらは「ぶどう天然酵母」のパン類もあり食材も豊富で便利でパンもおいしい。
代官山で一番利用頻度高いです。(ブルディガラもなくなっちゃたし)

こちらの『フィセル』も粉と塩のシンプルなパン。でもおいしいくて好き。

この日は他に「ノンオイルのドライクランベリー、メイプルティー」「ひよこカレーパン、メロンパン、ピタブレッド」を購入。
明日はピタにします。

aloha 456.jpg

今朝の朝食は他に
ナチュラルヨーグルトと梅ジャム、トマトジュース、

桃(おいしい〜!)とプラム、きゅうりとセロリの岩塩ごま油かけ、

エスプレッソのアメリカーナ

夏は簡単ですね〜。


posted by あんころりん at 10:32| Comment(6) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

南瓜の千切りと蒸しアスパラのごま油和え

aloha 362.jpg

昨日はseesaaの障害で記事をアップ出来なかったので
前日のランチです。

こう暑いと和え物や蒸し野菜のサラダが多くなります。

毎日少しずつ材料と味を工夫しています。

今日の一皿は

南瓜の千切り(さっと湯通し)、蒸したアスパラ、焼き茄子(皮をむく)、
ミョウガ、きゅうり(塩もみ)、貝割菜の和え物


韓国ごま油、おろしショウガたっぷり、すりごま(好みで)、米酢、煮切りみりん、お醤油少々で和えました。

ショウガを効かせてあまり甘くしないのがポイントです。
aloha 363.jpg


この日のメニューは二八蕎麦(ミョウガ、白葱、大葉の薬味)、キスの天ぷら(頂き物)冷奴、納豆でした。

手打ちそばは今日もこれから修行?に出かけます。






posted by あんころりん at 07:51| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

御銘は・・「青楓」でございます。

aloha 353.jpg

↑今が季節の「青楓」玄関まわりなど涼やかになります。

青楓の季節です。

茶道裏千家でも「青楓」は七月の銘に使われます。

楓というと秋の紅葉を思い浮かべる方が多いのでしょうか。

aloha 282.jpg

↑菓子器の中の「青楓」、御菓子は「天の川」琥珀(こはく)製(錦玉)です
詳しくは
本日の御菓子の御銘「天の川」を見てね

でも和のさまざまな様子に取り入れられる「青楓」
それを思うといつも

かつては夏の季節のなかで

さぞかし「惹きたった」存在だったのだろうと
シンプルで清清しい
江戸の頃の空気感みたいなものを想像します。

若葉の信じられないほどの豊富な緑の中で

真っ青な空のもと
「青楓」の個性的な葉はきっと
人々の目を惹き、心を捉えたのだろうと。

また和菓子にも度々「青楓」は用いられます
↓こちらの飾りはこはく製の「青楓」


aloha 308.jpg

↑鶴屋吉信の七月の餅菓子「涼風餅」求肥餅に粒あんの御菓子。


青楓ってすごく
清清しい美しさに溢れています。
posted by あんころりん at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

ちび庭危機一髪!丸刈りの月桂樹たち

大福 348.jpg
↑1週間前はちょっとこみ過ぎていた月桂樹だけど・・

この3日間ちび庭は植木屋さんに入ってもらって

すっかり刈り込まれた木々たち。

「すっきり」どころか「すっかり」葉も枝もなくなってちょっと不安なくらいです。
ふさふさし過ぎていた月桂樹も丸裸。

若葉だけはお料理に使う分とってあります。

aloha 370.jpg

月桂樹は毎年かなり切っても翌年にはふさふさぼうぼうになるので良いけど、

問題はきんかん

花がたくさん付いていて来春にたくさん実をつける予定だった・・

aloha 354.jpg

がぜ〜んぶ切ってある。
aloha 394.jpg
さすがにショックですが、、まあ来年はお休みさせますか・・。

しかしこれだけ剪定、というより丸刈りにしても
翌年には全員「ふさふさぼうぼう」になるのだから
植物の生命力にはいつも感嘆します。

しっかし
今年は思い切りすぎだ〜。なんにもなくなったぞー。

ラベンダーもこれから咲くはずだったけど・・。
つぼみたちはどこへ・・。

aloha 395.jpg

posted by あんころりん at 16:02| Comment(3) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

大好きな2本のブットレア

aloha 347.jpg

SWEET SOULガ−デンにはブットレアが2本ある。

濃いラベンダー色淡い藤色。
淡い色がいつも花をつけるのが2週間ほど遅い

昨日やっと一つ目の花をみつけました。

濃い色のはだんだん盛りで嬉しい。

バタフライツリーとよばれるこの花木のおかげで
珍しい「オオムラサキ」などの蝶々にも
お会いできる

でも昨日の植木の剪定で
道の境に植えられている
この花の半分が切られてしまいました。

aloha 346.jpg


まだ半分残っているのでなんとかこれから
頑張ってね。









posted by あんころりん at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

今朝は『ハナコウジ』のフランス食パンとイングリッシュチーズ

aloha 360.jpg

夏の朝食はトマトジュースやフルーツ(無農薬夏みかんと佐藤にしき)が
一日の始まりには良いアペタイザーです。
パンも私好みの「バター、ミルク、卵不使用」のフランス食パンなどが
ぴったりです。

aloha 316.jpg
本日のパンは
「ハナコウジHana Koji」(千代田区麹町1-8-8 無休)の
「フランス食パン」↑画像の8枚切りが158円です。
お店については別サイトのハナコウジの「黒豆黒ごまきなこパン」は思いがけずに
に詳しく書きましたのでご覧ください。

aloha 361.jpg

家族にはイギリスレッドチェダ−チーズをグリルしてカルピス醗酵バターをたっぷりめに
つけました。
私はこれにマウイの岩塩すこしと自家製オレンジピールと醗酵バターすこし。
コーヒーはイタリアLavazzaのエスプレッソ用をアメリカーナで。
こうしてみると東京の食卓はEUに席巻されてる?

いえいえ生鮮品とほとんどの調味料はすべて国産ですから。
旬のお野菜は土地のものが一番ですね。

posted by あんころりん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「和のスパイス料理と東南アジアのスパイス料理」タイカレー風野菜の煮こみなど

aloha 
 251.jpg

不快指数の高めの日々です。
そこで「ヘルシーでスパイシーかつおいしー
おかずでイケル「タイカレー風の野菜煮込み」にしてみました。


材料はあるものでアレンジします。苦手なものは除いてもOKです。
今回は

★少量のベーコン(2分の一枚)と

スパイス(ショウガ、唐辛子、セロリの葉、クミン、コリアンダー、と
タイカレー(グリーン)のスパイスペースト
小さじ2くらい)と

きゅうり、茹でたハ竹、細いハス、玉葱、エリンギ、アスパラなどの野菜類を

↓厚手の鍋ル・クルーゼ)で軽く炒めて少量の水を加えて煮込んだものです。


aloha 249.jpg



★あとタイカレーのスパイスペーストはレッドでもイエローでも好きなのでOKだけど
↓「Asian Home Gourmet アジアンホームグルメ」画像クリックで詳細。

など化学調味料不使用のものを使います。。
余計な味がついていると野菜の味が損なわれてべたついておいしくないです。

おはしでいただける「おかず」なかんじの「タイカレーっぽい」煮物
15〜20分くらいで画像↑のようになるはず。

もしタイカレーにしたければココナツミルクか水をたっぷりにしてスパイスペーストを増やしてください。


★もう一品は「和のスパイス料理」。

aloha 
 250.jpg

わさびとショウガとミョウガ風味 蒸し野菜のごま油和え

★野菜はアスパラ、ブロッコリー、焼きナス(皮をむいて)、きゅうり(塩もみ)、を使いました。
季節の野菜ならなんでもOKです。
大葉や木の芽、三つ葉も良く合う「和のスパイス」です


火を通した野菜が消化が良いのでオススメ。
私は茹でると栄養分と味がなくなるから蒸したり網焼きにしてますが、

めんどうなら塩多めの湯で茹でます。

塩多めの湯ならば「浸透圧」の理屈で味が逃げにくくなります(理科の実験を思い出そう)。
味付けの際の塩分控えれば大丈夫。

蒸したら熱いうちにごま油と岩塩で良く和えて冷まします。

おろししょうが、わさび、と刻んだミョウガと野菜を混ぜ合わせ
最後に味を見ておしょうゆをたらします。

今回のメニューは上の2品と

玄米ごはん
納豆、冷奴、なめこ汁、と自家製らっきょうと梅干。

お肉類はベーコン半切れだけど(しかも残った)
お腹いっぱい!満足のランチでした。




posted by あんころりん at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

木槿 (むくげ)の花と誕生日の和菓子「浮島」をつくる

aloha 343.jpg

木槿 (むくげ)の花が盛りになりました。
去年きちんと剪定しなかったので
2階の窓まで伸びてきています。

明日植木屋さんが入るけれど
やはりこの状態では挟みが入らないでしょう。
花が終わってから頑張って私が切ります、多分。

さて昨日は我が母上のお誕生日。
「浮島」という和菓子の蒸しカステラを作り
プレゼント。

↓木槿 (むくげ)の花を添えてラッピングしました。

aloha 339.jpg

aloha 333.jpg

↑中身はこういうお菓子です

私のもうひとつのサイトの下記のページに詳しい内容とレシピが出ています。良かったら見てください
↓「近所の和菓子屋さんの豆大福 パン屋さんのあんぱん」
7月10日のページです

http://yuki-ssg.seesaa.net/article/4978597.html

posted by あんころりん at 09:20| Comment(2) | TrackBack(1) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

木曽さわらのおひつの話

aloha 035.jpg

最近買って嬉しいもののひとつは
「木曽さわら」のレンジにも使える「おひつ」。
だったはずなのに・・

夏場に圧力釜などで玄米をまとめて炊いた際に
ご飯じかんより1時間早く炊き上げても一食分別にしておけるので
大変便利。

↓圧力釜から炊きたての玄米をおひつへ。おいしそうですが・・

aloha 247.jpg


2年ちかく適当なものを探し続けて
ようやく思い切って購入。
良いものは高価過ぎて思いとどまっていたのです。

大奮発で購入!喜んで使ったら家族に
「炊きたてには使わないでくれ」と
食べもしないで言われてショック!

普通は喜ぶはずの(私は大好き)な「木」の「香り」の事を「におい」が「きつい
とそれこそ「キツ〜イ」お言葉・・・。


大福 380.jpg

↑羽釜や圧力釜で玄米を炊き続けることの時間の調製の大変さがわかっていない??のさ。

ましてや今は昼食メイン。
下手すると昼ごはんの片付けが終わるのが3時近いことも
あったので、
このおひつで悩み解消!と喜んでいたが。
・・もう電子ジャーでも買いますかい。

↓玄米を炊いて毎回2食分はおにぎりを作る。きゅうりのぬか漬けとあわせてればお弁当にも。 おいしいと好評だが。

大福 271.jpg

少しでもおいしく手際よく、と
いう努力は概ね報われないのでした。
とほほほ。家事ってむずかしいですね〜。
posted by あんころりん at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

夏の簡単な朝ごはん、パンは「ラ・ブランジェ・ナイーフ」・・

aloha 266.jpg

朝ごはんです。
夏の平日は簡単ですね。生野菜が多くなります。

本日のパンは
ラ・ブランジェ・ナイーフ中目黒店(目黒区青葉台1-28-7セブンスターマンショ103)の
シュヴァイツアー・ブロートライ麦が2割のバター・卵・ミルク無添加のパン。

aloha 294.jpg

シュヴァイツアー・ブロートは半分で189円。手前はあんぱん126円


トマトペースト、MAUIオニオンマスタード・チェダ―チーズをのグリルドして、レタス添え。

バターはカルピス発酵バターを少々。

エスプレッソ豆のコーヒーでカフェオレ。野菜ジュース。

ナチュラルヨーグルトに梅ジャム(たかなし農園)。

きゅうりとセロリの細切りにセサミオイルと醤油かけ。

フルーツは桃、佐藤にしき(さくらんぼ)、こ玉スイカ

お茶はストロベリーなどの赤いハーブティ

夏の朝食は素材をそのままいただきま〜す。
posted by あんころりん at 07:23| Comment(1) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

雨の日はラベンダーバンドルスで

少し前のラベンダーです。↓
大福 077.jpg


今日は朝から雨。
こんな日はラベンダーバンドルスで気分転換すっきりしましょう。

いつもたくさん花をつけてくれるので家族に一本ずつラベンダーバンドルスを
つくります。
ひとつに大体13〜5本のラベンダーを使います。
大分乾燥してますがまだまだよい香りです。
虫除けの効果もあるすぐれもの。
aloha 258.jpg


↓やはり6月のアマリリスです。
アマリリスもさすがに今年は終わりました
大福 076.jpg

posted by あんころりん at 07:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

お昼ご飯は 豚バラ肉とアスパラ、長ネギのしょうが焼きにたっぷりレタス添え。

aloha 256.jpg

今日のお昼ご飯です。
豚バラ肉とアスパラ、長ネギのしょうが焼きにたっぷりレタス添え。


ハ竹とブロッコリー、ミョウガ、しそ(庭の)の塩もみのきゅうりとセロリとレタスの軸」で
韓国ごま油の和え物のハワイの岩塩あじ。
aloha 257.jpg



玄米ご飯の梅干弁当。

aloha 254.jpg

他に納豆、豆腐と長ネギの味噌汁、冷奴、辛子明太子(いただきもの)、きびなごの飴煮(いただきもの)でした。お茶は沖縄のさんぴん茶です。
豚肉は私はいただかないで、これは家族用です。
posted by あんころりん at 15:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 本日の「我が家ごはん」は | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅干の作り方―まずは塩漬けで待つ!

aloha 164.jpg
↑現在の我が家の状態、これを涼暗所にキープ

先日注文した梅干用の南高梅まずは塩漬け にします。

塩分量は減塩指向もあって人さまざまですが
私は梅の量の約13%で漬けてます。
おにぎりや弁当の傷み止めにも使うなら
最低11%ぐらいは必要なのかな〜?不確かですが。

でも13%は一応冷蔵庫に入れずに2〜3年はもつようです

ではでは
梅干の塩漬けまで」あんころりん流です。

↓青かった梅が2日ほど置くと黄味を帯びてきます
aloha 122.jpg

そうしたら あく抜き のため一晩水につけます。
翌日にはなんだか斑のあるすごい色になりますが
漬けてしまうと斑はなくってきれいに仕上がります。
aloha 145.jpg


これをざるに上げ、乾いたふきんで一つずつ拭きながら
竹串でへたを取ります。

aloha 156.jpg

<その後焼酎を全部にまぶします。
aloha 160.jpg



漬物容器の底に塩を振り梅を並べます。
塩と梅を交互に敷き
一番上には最後にたっぷりの塩でおおいます。
ですから最後に塩を残る配分で積み重ねてね。
aloha 162.jpg

落し蓋をして梅の倍の重さの重石をして
紙でふたをかけて涼しい暗めの所に保存。
一番上の画像↑

3日ぐらいで水が上がったら
重しを半分に減らし梅雨明けを待ちます。


posted by あんころりん at 07:40| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

ブーゲンビリアの渋谷育ち&頑張れローズマリー

aloha 177.jpg
ブーゲンビリアの苞が色つきました。
でも「苞」というより「花」と呼びたくなります。

一昨年までは毎年のようにHawaiiのMAUI島
サーフィン&ウィンドサーフィンに訪れていたんだけどここのところ行けないのが残念。

MAUIのブーゲンビリアは東京の最盛期のつつじみたいに
様々な色がそこかしこ
家庭やコンドミニアムの植え込みはもちろん
それこそハイウェイの脇の植え込みや交差点、線路(一本だけある)の脇にまで
元気一杯美しい姿がいやというほど見ることができました。

やはり家のちび庭では葉っぱばかりできゅうくつそう。
でもそれでも雪にも霜にも負けずに10年目。
とげとげが痛くてなかなか手が付かないんです。

aloha 181.jpg

大好きなローズマリーもポッチリと花をつけました。
庭から2階の窓辺に
移したらやはりちょっと勢いが減ってきたかしら?
posted by あんころりん at 09:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

強くて渋い脇役「木槿 (むくげ)」と元気な「ルドベキア」

aloha 179.jpg

ふと、気が付いたら「木槿 (むくげ)」の花が咲きはじめている。
庭をつくり始めたとき、すでに植えられていた。

どういう花か知らなかったけれど
翌年にはたくさん花をつけてくれた。

北側のボーダーの奥の誰にも見られないような場所で
毎年毎年たくさんの花が咲いている。
家族でさえこの開花の存在に気が付かないことがある。

aloha 180.jpg

今年は画像に載せていつもよりたくさんの人がみてくれる。
苦節10余年?
渋いバイプレーヤー(助演俳優)のように。
やっと注目してくれる人が出来るかな?
でも毎年
ありがとう、そのずば抜けた生命力に感服です。


aloha 178.jpg

↑やはりこちらも生命力旺盛
ルドベキア・タカオ↓も盛りになってきましたね〜。

aloha 165.jpg

うちのちび庭では強くないと生きていけない。
すみません。
posted by あんころりん at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

雨の日は「紫陽花」のお散歩

aloha 150.jpg
↑最もよく見るタイプの「がく紫陽花」
濃い青のものの方が好きなんですが、この庭のこの日は花が元気に撮影出来ず残念。


昨日から梅雨らしさが増してきた東京です。
家から徒歩30秒のところに
小さな林道風の庭があります。公共の施設なので私の散歩道です。
思いの外、紫陽花など花木が多くて四季が楽しめます

いくつかのあるあじさいの茂みが雨にぬれて美しい。↓

aloha 166.jpg

↓ピンクの強い「玉あじさい」。
この辺ではピンク系は少ないのです。
土地の性質でしょうか。
aloha 151.jpg


↓これはお隣にずっと住んでいたイタリア人のご夫婦が植えていったもの
「好きなときに切って持って行きなさい、挿してみるならどうぞ」
と言ってくれていたのに。
この色が大好き
あまり他所では見かけないのです
我が家はどうやってもあじさいが育たない。
それで借景で楽しんでいます。
aloha 154.jpg

↓このあたりで最も一般的青い「玉紫陽花」。
この庭にもたくさんあります。
aloha 148.jpg

お家の近所でも楽しめる紫陽花。市井のお散歩でした。
posted by あんころりん at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント