2005年12月08日

ドラジェと九十九餅とラムレーズン?

b 067 (2).jpg
↑フルーツのドラジェと庭の葉ボタン、フォトジェニックだ

前回12/7号の続きですが、
―普段お世話になっている
パン通人達と我が地元のパン屋ツアーを実行、
ということで・・、

買い込んだパンのランチの後で
この日はkozue様から結構な頂戴ものを・・・

何と目白の和菓子店「志むら」の
九十九餅』と『福もち』。

すごく食べたかったこの餅菓子、
元々kozueさんにweb上で教えていただき
なかなか自転車で行く機会なくまだ未体験でした。

この日わざわざ目白まで買いにいらしてくれて感謝感激。

b 030 (2).jpg←クリックね、福もち

さすがの味。
即、別サイト「近所の和菓子・・」でも紹介したくらいだが
これだけ美味しい餅菓子なら
自分でちゃんと本店に出向いてからでないと
書けない、と思った程です。

未だに『九十九餅』のとら豆の味は忘れられない。
あれこれ書き出すと別サイトみたいな長文になるので
絶対再トライします。
ごちそうさまでした。

↓クリックね
b 007 (4).jpg

こんなに美味しい物をいただいて お返しというにはほど遠いが
すでに別サイトでも紹介済みの
あんころりん自家製の
夏みかんピールの求肥餅」をおみやげに差し上げた。


珍しさも手伝ってご両人が“気に入りました”
とコメントくれて少しまた思い上がる奴です。

それでこの記事を書いた後で
思い出したのが
パンとお菓子作り達人のプリマリさん 
サツマイモ&ラムレーズンのケーキ』。

そのたっぷりしたきれいなお菓子を見て「芋ようかん」を連想する無粋者なので
“レーズン入り和菓子を作りたい”とコメント入れたら

プリマリさんがそのケーキには自家製ラムレーズンを使用、
普通のレーズンなら栗があうかも、
と答えて下さった。

その事とkozueさん紹介の“ルヴァンのパン”が頭に残っていてこの
自家製コアントローレーズンと夏みかんピール入り求肥餅
に化けたわけで。

b 119 (2).jpg
↑奥のカップがコアントローレーズン、
タルト皿が夏みかんピール

最初の記事でそのお礼を書き忘れていて気になってました。
プリマリさんが「求肥餅」に興味あるかどうか。
でもこんな、すごいルックスに化けてました、はい。
皆さんが喜んでくれたので一応ご報告。

ツアーに話しを戻すと
この日、自分のお菓子の買い物は
テオブロマで「フルーツMIXドラジェ」を。

「ドラジェ」といえばアーモンドが定番なのに
フルーツ入りとはそそられます。

↓クリックね
b 058 (2).jpg

バター系のお菓子が苦手でナッツもあまりいただかないけど
おいしいお干菓子もフルーツも大好き。
ドラジェ」見てすぐ「干菓子」を思い浮かべる奴。
「あ、理想的!」とバゲットを買ってるお二人を忘れて
これ、買いました。

ドラジェ」きれいです。
フォトジェニックな姫君です
アプリコット、ライム、パッションフルーツのトリオ味!
すごく嬉しい、全部好きな果物。

・・・でも
味覚オンチにはこの甘い砂糖菓子の中の果物の味わいは
わかりません”でした。
袋入りのジェリービーンズとの違いも残念ながら
「わかんなーい」。

自作の夏みかんピールはどう食べても夏みかんピールの味。
それくらい「ごつい味」じゃないとわからない、のさ。
繊細さ皆無ですみません。

P1010012 (2).JPG
↑クリックね、
kozueさんのツアー記事読んでたら
食べたくなって今買って食べた、
テオブロマのバゲット(下)とカタネベーカリーのパンオザルグ


バゲット」はたった今食べてもやはりすごく好きなのにね。
一つのお店で何もかも好きって、なかなかないですね。

でも他の方とのお店巡りって初体験。
とても興味深く楽しいひととき でした。



↑の詳細は
プリマリさんの“Weekend EarlyMorning ”
サツマイモ&ラムレーズンのケーキ

kozueさんの
ルヴァン(代々木八幡)/ベルベデーレ』を。


posted by あんころりん at 00:01| Comment(7) | TrackBack(2) | 果物&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんころりんさん、おはようございます!
こちらの紹介までして頂きありがとうございました。

こちらにも「求肥餅」是非お願いします!
でも、やっぱ栗蒸し羊羹も食べたいしな〜
と勝手に盛り上がる私^^;

今、ちょこさんが風邪を引いてるみたいなので
無理しないか、あんころりんさん見張ってて下さい。よろしくです!
気を使って無理をしないかと心配なんです。
あんころりんさんに会ってからのちょこさんは
何か前と少し変わった気がします。
以前に増して楽しそうなんですよね♪
Posted by プリマリ at 2005年12月08日 07:16
★プリマリさん
今プリマリさん宛にコメントしようとしたら
ちょこさんから「復活」のコメントが。
油断しないように釘刺しておきました。

あのきれいなケーキでとんでもない物を
考えてしまって。良いんだか迷惑なんだか。笑。

ちょこさんが楽しそう?!それはきっとちょこさんの人柄ですね〜。私もちょこさんのおかげでで
プリマリさんが何だか以前より身近に(迷惑かも)感じられます。嬉しいことです。
近頃、プリマリさんも一層お菓子作りがパワーアップなのでは?いや元々かしらん?
手作りのお菓子って見てるだけで嬉しいです。
Posted by あんころりん at 2005年12月08日 14:12
こんにちは!さっきはTBのところから飛んできちゃったもんだから、
迂闊にも?この記事を見落としてしまってました!
ドラジェはあんまりお好みじゃなかったのかな?
kozueさんに頂いたお菓子も、あんころりんさんお手製の求肥も
ホントにホントにすんごく美味しかったな〜!!
思い出しただけでお腹がすいてきましたよ。
でもテオブロマのバゲットはお土産用にしか買わなかったから、
まだ食べてないんだった!次こそ食べなければ!!
それにしても、あんころりんさんもプリマリさんも、
私の知らないところでこんなこと言ってたのね〜!!
全く〜〜、オバサン感動しちゃったじゃないのよ〜!(笑)
本当にお二人とも、こんな私の事を心配してくれて、
本当に感謝です。有難うございます☆*・
Posted by ちょこ at 2005年12月08日 16:43
★ちょこさん
寝てる間に悪事千里を走る、わはははは。
うっかり寝てると何言われるかわかったもんじゃねーですね。
もっとどこかでひっそりおそろしい算段をされてるかも・・サスペンスですね〜。
うがいしろよ。ババンバ・・
Posted by あんころりん at 2005年12月08日 17:53
あ、なんかちょこさんの後をつけ狙っているみたいだ、わたし。

福もちがふくふくと並んでいいお写真ですね。気に入っていただけて嬉しいです。おみやげにと思いついた瞬間ガッツポーズ、気に入っていただけてまたガッツポーズ。オッケー牧場?
ドラジェは発想と見た目はすてきだったけど、残念でしたね。もしかして(あのときお話しした)うちの近所のケーキ屋さんが卸しているものだったらますますごめんなさいね、何となく。
Posted by kozue at 2005年12月08日 17:57
★kozueさん
きっとちょこさんとオーラの泉がつながってるのでは・・。
福もちはまずぐいっと来て。あとからぽくぽく九十九餅を一人静かに?味わってたらあの豆のうまさに撃沈です。ドラジェはねーつまんないものでした。あれで400円は意地悪姫君と呼びたい。思わず断面見ちゃいました。一応テオブロマのクレジットになってましたが。・・kozueさんの“チョコがいかん”、がやけに理解できた、何となく。
Posted by あんころりん at 2005年12月09日 01:07
↑のkozueさん宛のコメントを訂正
ドラジェの原産国はフランスです。
製造者のクレールはテオブロマ内なんですけど。
多分これは輸入元ってこと?
テオブロマの系列会社でドラジェの輸入などしてるようですね。
素敵なおいしそうなドラジェがたくさんあります。http://www.sc-claire.com/products/index.html#で見る事ができます。私は未食ですが。
Posted by あんころりん at 2005年12月19日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

目白「志むら」の九十九餅と福餅
Excerpt: 先日の記事でも書きましたが、あんころりんさん、kozueさんとご一緒させて頂いた 「かしましツアー」で私は、寝坊をしてお土産を買う時間がなくなり、手ぶらという失態! でございましたが、師匠お二人か..
Weblog: こんな気持ち
Tracked: 2005-12-10 14:57

福餅◆志むら
Excerpt: お土産を頂きました。目白の和菓子店"志むら"は、昭和14創業の老舗。先代から受け継がれた繊細な味覚を守り続けている。また、雑誌"BRUTUS"の夏のスイーツ特集で取り上げられた"氷生いちご"が有名。志..
Weblog: Bon appetit*
Tracked: 2008-11-28 08:18
最近のコメント