2009年01月15日

代々木上原「カタネベーカリー」ガレット・デ・ロワ、全粒粉パンと夏蜜柑

IMG_1520.JPG
IMG_1550.JPG
IMG_1573.JPG
ガレット・デ・ロワ 庭の金柑 全粒粉食パン

☆☆あんころりんの本
東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり
(ソニー・マガジンズ刊)は
 紀伊国屋書店ほか全国書店、Amazon楽天ブックス等で好評発売中。
……この本片手に東京のおやつ散歩を楽しんで頂けます……

なかなか更新がおぼつかないけれど
毎日パンもごはんもおやつも食べております。
今年は2年ぶりに我が家の夏蜜柑と金柑も実を結び、
やや地味な冬の庭で橙色の大小水玉がが楽しげです。

「カタネベーカリー」に週2〜3回訪れることも以前と同様。
新商品や季節物を楽しませて頂いている。
ガレット・デ・ロワは・・・

年明け早々から深い飴色を見せて店頭に並んでいます。
カタネでは大小揃えて、
大きい方にフェーブが入って1200円とあまりにも良心的な価格。
手頃なプチサイズはフェーブでなくアーモンドをしのばせてます。
まずはこの小さなお菓子を購入しました。

ここ数年、都内のフランス菓子、パンの店では
ガレット・デ・ロワが一月の売り物となっているようです。

IMG_1526.JPG
クレームドダマンドと何層ものパイ 小サイズは350円♪ 

ガレットデロワgalette des roisはフランスの伝統菓子、
中に陶器の人形“フェーブ”を入れて焼いたクレームダマンドのパイ。
店先に金の王冠が並ぶとああ、ガレットデロワだ、と気づかされます。
詳しくはクラブ・ドゥ・ガレット・デ・ロワのHP を参考に。

元々は1月6日、エピファニー(公現祭)のお菓子だったそうですが、
現在はフランスにおいても1月いっぱいは楽しむという。
ま、そもそもこの日、日本であればまだ松の内、
ガレット・デ・ロワを家族で切り分けて王冠のせて、なんて気分にはなり難い。

これまでも仕事柄、この菓子を頂く機会は何度かあったけれど
もともとアーモンド生地・クリームを好まないので
わざわざ洋菓子店へ出向き自ら大枚はたくことはありませんでした。

IMG_1556.JPG
今年初の夏蜜柑(と金柑)

はじめてこの習慣を知ったのは、ずいぶんと前のこと。
当時、エッセイスト三宅艶子さんが「an-an」に連載していた仏版「ELLE」の料理記事から
得ていたのがさまざまなフランス食文化の情報。
そのひとつがガレットデロワです。
その頃はPCはおろか、洋書や洋雑誌もバカ高くて子供の手に届くどころではなかった。

マガジンハウス以前の平凡出版の雑誌はお洒落で
カウンターカルチャーを特集する面白さ、かっこよさがありました。
今では見る影もないけれど、70年代an-anは10代の子供にとっての数少ない海外情報源だったのです。

IMG_1573.JPG
アタリ!のアーモンド…見える?…<br />
毎年ガレットデロワを見るたびに、あのELLEの料理ページを思い出す。
豆大福にも目がなかったけど、
すんごくパリロンドンにも憧れていたんだよな〜。

・・・・
目の前にある美しい焼き色の小ぶりなパイ
思うにこれがはじめて自分で買ったガレットデロワ。

お初がカタネベーカリー製とは自分にとっては日常的、
好ましい選択です。
今月中に大きな台を頼むつもり。
そちらは予約した方が確実だそうですから、予定を考えなくては。

どうもアーモンドクリームって個人的には燃えないのだけれど
近所に良い店がある幸運から、
数十年前の興味をようやく実現する機会を得ました。

IMG_0737.JPG
全粒粉のプチパン6個210円 ひとつ35円 

もうひとつ
昨年11月頃から登場した全粒粉パンは山形食パンとプチパンの2種類。
全粒粉2割だそうですが粉の旨味が深く、
早速のお気に入りです。

薄切りを好む我が家は
いわゆる12枚切り厚にスライスしてもらい、軽くトーストして その香ばしさをじっくり味わっています。
(追加情報:山食はやや小ぶりなサイズで350円)

IMG_0740.JPG
左からクランベリーノワ 全粒粉プチパン 長時間発酵バケットプチ 

日々しみじみとおいしいパンで朝食を頂けること
人生の数少ない幸運のひとつではないだろうか、どう?


*カタネベーカリーは「東京 いとしの和菓子」でもご紹介しています。 
カタネベーカリー公式HP
渋谷区西原1-7-5

カタネべーカリーの主な過去記事
2008年9月11日 
2007年09月15日
2006年11月25日
2006年09月16日
2005年07月23日
2005年05月22日
2005年05月25日
2007年07月31日
2007年12月22日
       
posted by あんころりん at 18:08| Comment(6) | TrackBack(1) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええ、ええ、日々しみじみとおいしいパンで朝食を頂けることは人生の数少ない幸運のひとつだと思います〜。
Posted by kozue at 2009年01月15日 22:52
kozueさん
私は焼く方はとんとご無沙汰になってしまいましたが、手作り焼きたてなら更に堪えられないのでは。お互い、毎朝その幸運を噛みしめていると信じてます〜。
肝心なこと書き忘れたけれど、山食は小さなサイズ、これがまたイイ感じです。

Posted by あんころりん at 2009年01月17日 07:59
噂のガレット・デ・ロワがアップされてる!!
そして、食べた事がない全粒粉プチパンが。。。
う〜ん、今度行ったら絶対に買いです!!

ELLEのレシピでお菓子やお料理を作った事は、
殆どないけど、写真を見てるだけでもワクワクするし♪
海外情報も楽しみの1つなので、よく購入する雑誌の1つです。

ピップの子供は、週末にセンター試験でした。
まだまだ、頑張らなくちゃいけない日々が続くので
あんころ姉さんも近くから祈ってて下さいね。
早く暖かくなり、3人で会える日が来るのが待ち遠しいです。
Posted by プリマリ at 2009年01月19日 12:43
プリマりさん
お返事が遅れてすみません。(ちょっとシステムが変わっちゃって)
そうなの、カタネのガレットデロワはちゃんと金の冠をつけてくれるのですよ〜。(私はもらうの忘れてしまったが)
全粒粉の食パンも小ぶりでおいしいのですよ。
そうだ、バケットも土日限定でバケットフランセーズがあるのですが、ご存知?
ピップはお正月もこちらで過ごしたようだし、気が休まらないでしょうね。すべてうまく行くようにお祈りしています。
Posted by あんころりん at 2009年01月24日 22:42
あんころりん様

古い記事にごめんなさい
こちらでもガレットデアやってたんだーと思ったらいてもたってもいられず!

こちらのガレットデロアなら美味しいだろうなぁ
来年は狙ってみます☆
Posted by たけ at 2010年02月06日 08:59
たけさん
TBありがとうございます。カタネまでいらしたのですね〜。ことによるとすれ違っていたりして♪
ガレットデロワなどクレームダマンド系、どれもおいしいと思います。ココはなんでも手作りするからリーズナブルで味も◎。再びいらっしゃるときがわかればお会い出来るのにな〜。
Posted by あんころりん at 2010年02月09日 07:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

カタネベーカリー、高級住宅街に突如として現れるブーランジェリーの身上は毎日コツコツ(カタネベーカリー@代々木上原)
Excerpt: 小田急線代々木上原駅から徒歩7,8分。 彼が昔このあたりに住んでいたり、可愛がってくれた昔の上司がこの辺りに住んでいる事もあって、私自身は住んだ事はありませんが愛着のある町です。 特に西原のあ..
Weblog: 資格ゲッターが行く!
Tracked: 2010-02-06 08:57
最近のコメント