2006年09月02日

とうもろこしと卵の甘酒ヨーグルトサラダ、天然鯛の塩焼き
またまた日曜格闘家の減量メニュー

IMG_2980 (2).JPG
↑満足できる甘めのローカロリーサラダと魚の塩焼き、
玄米ごはんと梅干し、男前豆腐、大根のみそ汁など


先日、またまた家族がアマチュア格闘技の試合に参加。
この夏一番暑い時期に減量メニュー敢行となりました。

今回は一週間で調整可能、とのこと。
煮たり蒸したりがとっても嫌な気候だったので・・・

ほとんど焼き物と茹で物、あとは生野菜に手を加えた物で
ごまかしごまかし。
夏は冷や奴という強い味方がいるので
サラダメインでも何となく満足出来たようです。

もうひとつ、強くて大好きな味方がとうもろこし♪
両名ともに大好物で毎日茹でてます。
おやつにはもちろん、前日の残りを調理したりと大活躍。
この減量中は夕飯の主食にもなってました。

IMG_3284 (2).JPG
↑この世で最も好きな食べ物のひとつ
北海道産、白い種類と普通のとうもろこし、穀類ラバーです


これは
とうもろこしと半熟卵のヨーグルトサラダ
すこし甘めのソースはプレーンヨーグルトと天野屋の甘酒を使って。
以前のレシピはこれ

甘酒といってもよくある酒粕に砂糖を加えた物とは
ぜーんぜん異なります
甘酒!というだけで毛嫌いするひとは
あの甘ったるいどろっと酒粕タイプを想像するらしいが。
a 219 (2).jpg
↑氷甘酒!もうまい天野屋の明神甘酒
天野屋の甘酒は自然に熟成発酵させて砂糖など一切加えてない
自然な甘さでとてもおいしい。

甘酒は昔は夏の冷やし甘酒がメイン。
江戸時代、甘酒は夏の滋養の栄養ドリンク!
いえそれ以上かも。

江戸の夏は、
何万人も亡くなる腸チフスなどの流行り病に度々おそわれ
夏を健康に乗り切るのは“生死に関わる真剣勝負”だったようです。
天然の甘酒は腸の働きを活性化して調え
感染病などから守る大切な役割だったようです。

a 043.jpg
↑慶長から続く麹室がこの地下に広がっている
神田明神門前の天野屋


江戸時代から変わらぬ天野屋の甘酒は
それくらい胃腸によろしく栄養豊富でしかも美味
これを減量メニューに使わない手はないじゃん。

IMG_2981 (2).JPG
↑拡大してみる?

★ソースは
プレーンヨーグルト、天然甘酒、らっきょうの漬け汁
スウィートチリソース(少々)塩、胡椒。
好みでナンプラーとクォーターカロリーマヨネーズ少々

★材料は茹でたとうもろこしの粒、半熟卵、荒く刻んだミニトマト、
細切りキュウリ、レタス(固い部分は細切り)
貝割れ菜、わかめなどの野菜、ごま油、米酢、

材料をソースで和える前にごま油少々を
ボウルに入れた野菜全体に良くなじませて
米酢でさっくり合わせておきます。

それからソース3/2量でざっと和えて皿に盛りつけ
残りのソースをかけ、最後に卵を乗せます。

タンパク質なども摂らなくてならないので
男前豆腐と天然鯛と鮭の塩焼きを供しました。

IMG_2982 (2).JPG
↑右は見た目しょぼいけどおいしかった鯛のはじっこ

ちなみに自分では天然真鯛が最も好きな焼き魚ですが
普段は家族が好まない&高価、なので食卓には登場する機会が少ない。

減量中は白身で味の良い焼き魚が大手を振って出せる♪
これもとてもおいしかった。
家族も減量中はなんでも心底おいしいく感じるようで
このちいーさな一切れを大切に分けて頂きました。
じつは鮭が家族用、鯛を自分の為に焼いたんだけど。

天然真鯛をおいしく感じてもらえると先々好都合なので
よしとしましょう。よっしゃー!。

IMG_3279 (2).JPG
↑別な日にも一尾まるごと天然鯛♪

先に申し上げますと減量は成功、試合は先々週の日曜に行われました。
今回はほとんどの他の試合を観戦する事が出来、
大いに自分も盛り上がりました。

家族の試合結果はおかげさまで今回も何とか勝利。
観戦した方の熱が冷めそうな
妙〜に冷静な試合運びでしたが。性格、だろうか?

天野屋のHP






posted by あんころりん at 11:41| Comment(8) | TrackBack(0) | ダイエットメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんころりんさんこんにちは。
ひそかに減量中だということを書いてましたよね。記憶にありましたよ。餡子も堪能しつつ、減量よく出来ますね。日ごろからサーフィンなどで鍛えていらっしゃるから代謝がいいのでしょうか。
あんころりんさんも格闘技しますか?旦那さまだけ?

甘酒ドレッシングはアイデアですね。天然真鯛、刺身にはしなかったのですか。かしらやアラ部位もうまいですよね。
Posted by anpann at 2006年09月04日 08:17
anpannさん
こんにちは。
さすがに今回は短期集中で減量したのであんこは控えました。私一人でつる瀬のお菓子を平らげましたから。やはり試合前はかなりハードに練習を行うのでそれで落とせるようです。代謝もめっちゃくちゃ良くて汗かけない私はうらやましくて。
私は多少の波乗りとプールで泳ぐ程度です。後は自転車。でもさすがに夏は遠征出来ず。却って夏に運動不足?
甘酒ドレッシングはオススメです。自然な甘さでお腹にも良いし。江戸の知恵ってすごいとお思います。
私はお刺身より絶対塩焼き派なのです。今回は切り身でしたから焼き物と煮物にしました。
Posted by あんころりん at 2006年09月05日 13:50
”絶対”なのですね(笑)きっと塩にもこだわって、この魚にはこの塩とかコダワリで決めていらっしゃるのでしょうね。
格闘技では亀田兄弟がいつもメディアをにぎわせてますね。そろそろ大相撲です。TVに釘付けなりそう。
Posted by anpann at 2006年09月05日 15:17
anpannさん
きゃー。いえ“多分”くらいです。
だって鯛のカルパッチョすごく好きでした〜(笑)塩焼き用の塩は普通に天塩(赤穂とかの)ですが、カルパッチョは韓国ごま油とハワイの岩塩です。塩焼きはむしろ塩を振ってから30分措く、と言うことに気を使います。野崎さん(分とく山)の話を聞いてから実行してますが断然これが美味いです。
お相撲も楽しみですね。どなたかファンなのでしょうか。
Posted by あんころりん at 2006年09月06日 07:17
片山の四股を見るのが好きです。美しいです。
特定の好きな力士はいませんが、千代大海や魁皇、栃東かなー。朝青龍の時間前の気合の入った姿、北桜が子供達に相撲の楽しさを伝える姿、横綱土俵入りとかすごく好き。
地味だけど十両以下の取り組みも実はすきなんですよー。
Posted by anpann at 2006年09月06日 09:01
anpannさん
お相撲、かなり詳しいのですねー。最近あまり、ちゃんと観てませんでしたけど、すごく観たくなりましたよ。十両以下も生で観たら面白いと感じました。やはりライブだと独特の活気と熱気で盛り上がりますね。現場では土俵際の松ヶ根親方(元若島津)の格好良さにかなりミーハー気分で惹かれました。祖母も若島津ファンだったのでDNAかいな?と。羽織袴って良いですよね。
最近ではやはり朝青龍の迫力に注目してしまいます。めちゃ強いー。
Posted by あんころりん at 2006年09月07日 01:02
若島津と千代の富士★
私はピアノ♪の、高田みずえさん元気かなー。
若島津と高田さん、きんもっかんは鹿児島だわー。偶然!
彼らもきんもっかん食べたことあるかしら?(笑)
Posted by anpann at 2006年09月07日 08:44
anpannさん
千代の富士は本当に人気ありましたね。土曜日にアド街で両国特集やってましたね。
ところで。
え、そうなんですか。みっつ?とも鹿児島なんだ〜、すごい偶然ですね。きもっかんのこと聞きたいですねー。松ヶ根親方も鹿児島とは意外でした。
Posted by あんころりん at 2006年09月11日 02:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。