2007年04月21日

筍の皮ごとローストと春野菜どっさりメニュー
カブと大根のサラダ&新玉ねぎ,ピーマン炒め
隠元のごま和えなど

IMG_6764 (2).JPG
↑今年初の筍ローストは豚の生姜焼き添え、カブと大根キュウリの豆腐サラダ、
新玉ねぎの炒め物、京がんもの煮付けにも春野菜


春は新野菜が豊富でとても美味しい季節、
春になると香り高く、少しアクのある野菜が無性に食べたくなるのが自然のならい。

カラダが冬から春に向かって目覚める感じが
春野菜を食べると実感できるので・・・

IMG_6770 (2).JPG
↑隠元のごま和え

昨年来、筍の季節には一人でたっぷり食べられる
“ホクホクの皮ごと筍ロースト”とという極めてシンプルな食べ方も気に入っている。
たけのこご飯の美味しさもさることながら、
ほっくほくの香り高い筍の濃いうまみがストレートにしかし、じわっと沁み渡って
つくづく若葉の季節だな、と何だか細胞が蘇る気がする

IMG_6765 (2).JPG

筍の皮ごとロースト、豚の生姜焼き添え
作り方は簡単で茹でた筍を皮ごと縦四つ割りにして
オーブンかトースター、またはグリルでじっくり焼くだけ。
昨年のレシピのこちらを参考に
・「筍の皮ごとロースト&カリカリ豚肉ソース」(茹で方のレシピあり)
・「筍焼き&なすのトマトソース3種チーズのオーブン焼き

この日は今年初ロースト、
豚肉の生姜焼き(酒、醤油、おろし生姜、胡椒で味付け)を添えるだけ、筍そのものを味わう事にした。
好みでごま油などをたらしても良いが
この京都乙訓の筍はストレートにそのまま頂くとつくづくおいしいもの。

新玉ねぎ、隠元、カブなども春ならでは風味と歯ざわり。

IMG_6766 (2).JPG

新玉ねぎ,ピーマン炒め」は
新玉ねぎとピーマンを少量の生姜と豚肉少々で味を出した(熱した)ごま油で
焼き付けるように炒め醤油と酒で仕上げただけ。

IMG_6769 (2).JPG

カブと大根のサラダ」は
千切りにしたカブと大根と軽く塩もみしたキュウリを合わせて
出来るだけ美味しい豆腐を選んで乗せ、中華風やタイ風ドレッシングを掛けて頂く。
中華風合わせ酢」は
米酢、きび糖、醤油、(香りの良い)ごま油、(自家製)ラー油、挽いた胡椒を混ぜ合わせただけ
何となく作り置きよりおいしい気がして食事毎に作るので分量は適当に。

IMG_6768 (2).JPG
↑いただき物のの京がんもはこっくり煮付けると中心のとろっとした山芋などがおいしい

他には「隠元のごま和え」と母が煮付けた「とうふ屋うかい」の“京がんも”も加わり
味噌汁に玄米ご飯と供に昼食からたくさんの皿が食卓に並んだ。

IMG_6771 (2).JPG
↑デザートは甘夏

素朴な皿ばかりだけど
野菜料理があれこれ並ぶ食卓を見るととても幸せな気持になります。




posted by あんころりん at 07:48| Comment(2) | TrackBack(0) | たけのこレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんころりん姉さんは、いつも旬のものを
きちんと食卓に並べていて、感心いたしまする。
私は、お手軽な春キャベツをモリモリ食べているくらい。

たけのこの処理もよく解らないんですよね〜
何処まで皮をむけばいいかがわからんとです…(汗)
「筍の皮ごとロースト、豚の生姜焼き添え」
わんころりんの様な愛おしい目で画面にクギ付けでございます。

そうそう、実家で母がインゲンを作っています。
形はメチャメチャ悪いのですが、柔らかくてお味は最高です!(*^_^*)
Posted by プリマリ at 2007年04月24日 07:31
プリマリさん!!
すみませーん、コメントが反映されてませんでした、せっかく早くにいただいたのにぃ・・・。
春キャベツもおいしいよね〜。今日もキャベツと玉ねぎたっぷり食べましたよ♪
筍はたべられるところまでは食べる!ってのが私の頂き方です。だから見た目が悪いかも。でもこの皮ごとローストなら食べる方に裁量がまかされるから安心?
それよりお母様のいんげんに勝るものはないよー。
私もそちらへ参りましょうか?笑
Posted by あんころりん at 2007年04月27日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。